自分ではどうにもできない会社の事情が不満のきっかけで転職した体験談

これは私が初めて正社員として企業に就職し、転職を考えて、実行した体験談です。

当時私は派遣社員として携帯電話業界の仕事をしていました。

始めたのは19歳からです。

正直覚えることが多い業界でしたが、私は呑み込みが早かったようで、研修期間も短く、現場にすぐ出されました。

知識もそうですが、経験してみると現場に出てから覚えることの方が多かったように思います。

私が勤めていた会社は社名が変わったり、携帯電話の分割購入が始まったり、スマートフォンが普及したりと業界では最もクレームが多かった時期だと言われていて、同期は皆退職しました。

また携帯電話ショップでは同僚とのやり取りもとても重要です。私も経験しましたが規模の大きなお店では変な派閥があったり、パワハラに近いいじめがありました。

そういった環境下で働くことにより、人間に対する観察眼が鍛えられ、コミュニケーション能力も必然的に向上していきました。

派遣時代は幾つかの店舗を経験しました。基本三か月更新なので、更新するかどうかは雇い主もそうですが、派遣社員本人も選択できるのです。

新人時代は選択の余地などありませんでしたが、スタッフとして頭角を表し、キャリア側が行っている試験にも合格し始めたころから派遣会社の対応が変わり始めました。

正直どこに行ってもやることは一緒なので、私の希望はより時給が高いところ、より通勤が楽なところに重点を置いていました。

当時の営業の方と親密な関係にあったからもありますが、派遣会社から「今の店離れて、ここ行かない?」とより高待遇な派遣先を紹介されていました。

その時は新人時代より時給が300円高くなっていました。

正社員の話が来たのは、その派遣先でのスカウトでした。

派遣先を代理店というのですが、その直属の上司が物凄く私を評価してくれたのです。

正直自分も苦手な部分はあったのですが、総合的に高い評価を受けていました。

正社員の話は派遣されて、3か月ほどで来ました。

きっかけはある店舗の店長が飛んでしまったことでした。

その店は繁華街にあり、集客も多く、店長不在で店を営業しているので、早急に店長が必要だったのです。そこで名前が挙がったのが私でした。

いわゆる管理職なので、スタッフとは違うスキルも求められます。

上司の更にその上の上司とも面談し、私は派遣会社からその会社の正社員として店長職につきました。

とても離職率が高い店舗で確かに荒れていましたが、なんとかそれを立て直すことも出来、リニューアルなどの大きなイベントも乗り越えることが出来ました。

スタッフに恵まれたと今でも感謝しています。

そんな私が退職を決意した理由は二つあります。

まずは代理店ではなく、販売してうる携帯電話会社そのものへの不満です。

当時はMNPが始まったばかりで、お客様側からも他社と比較されることが多かったのです。

サービス面では大きな違いが無い業界ですが故障などのアフターサービスではかなり大きな違いがあるのです。しかもお客様の言い分が理不尽ではないのです。

購入して一年も経っていないのに3回も故障する・・・そりゃ怒りますよね。

でもこちらとしては修理しか提案できないことにもどかしさを感じ始めたのです。

「他の会社なら、こんなことしてくれるのに・・・」

そんな言葉を何度も聞きました。

店長になりクレーム対応が増えたせいか、そういった何もできない自分が嫌になり始めたのです。

もちろん会社への報告や改善案・打開策は主張しましたが、全く響かず無力さを感じました。

そう思い始めたころから、そもそもの自分の待遇が不満に思えてきたのです。

  • 派遣と同額の給料を保証されていたのに、数万円減った
  • 残業時間が明確ではなく、サービス残業が多い
  • ランチが取れない(スタッフ最優先の方針を取っていました)
  • 休日でも当たり前のように職場から電話があり、必要があれば出勤。

もちろんその分は無給。

半年ほど考えて、退職することを決意しました。

まずはもといた派遣会社に相談し、違う携帯電話会社で就職可能かを確認してもらいました。

1か月ほどして、数店舗紹介できる事が分かった時点で、まずはお世話になった直属の上司に、相談ではなく、退職したい旨を伝えました。会社側はかなり不満だったようですが、直属の上司だけは私の考えを理解してくれました。

特に退職届などもなく、退職日は次の店長候補を探す時間も考慮して3か月先にしました。
引継ぎなども終えて、あっけなく退職し、次の店舗へまた派遣社員として入社しました。

結論から言うと次の会社でも副店長などもしたりとある程度業績を残せましたが、最初はきつかったです。

会社自体が変わるので、もちろん私は新人です。同期は年下ばかりです。先輩で年下もいました。

私の場合特殊ですが、店長経験がある事がなぜか事前にお店に広まっていたので、非常にやりにくかったのです。

期待されているのではなく、プライドが高くて扱いづらいと皆思っていたようです。

そう思われるのは想定内だったので、努めて腰は低くし、余計なことや勝手なことはしないようにしていたのですが、先輩社員からの当たりはきつかったです。

やっと一人立ちして業務が出来るようになってやっと転職してよかったと思えました。

1~10まですべてが満足できる職場は無いと思います。

しかし信念を曲げないこと=頑固、プライドが高いではないのです。

仕事にどんな意義を持つかは人それぞれですが、生きるために必要なことなので、可能な限り満足し、出来れば人として、職業人として、キャリアップが図れる転職であれば、私は大いに賛成します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です