人手不足で毎日地獄なIT業界ですが、やり方次第で夢はかないます。

自分の会社や人生に目的ややりがいを持って望んでいくことは長い人生を考えるうえでも大変重要なこととなります。

素敵な生活をする中でいかにして素晴らしい人生を楽しんでいけるかどうかを考えるには自分らしい仕事をして多くのやりがいを持っていくことも大切なこととなります。

IT業界はWEBデザインからプログラミングまで、常に多くの求人がありますが、その内情たるや大変な時代が続いています。

仕事に打ち込んでいくことは大変なやりがいを持っていけば、スキルも収入も思いのままですが、なかなかそうは行かないようなケースも時折見られますので、十分な注意が必要となります。

仕事をする中で常に気をつけていかなければならないことは自分の健康上の問題も常に意識しながら、頑張っていくことではないでしょうか、私の場合もITエンジニア且つWEBデザイン生業としていますが、人材難の中で自分の仕事がいつまでも減ることなく大変な思いをすることも多くなっています。

自分らしい仕事を頑張っていくにはやはり普段から体の面に留意しながら、後輩や部下の指導や育成までおこなっていかなければならないので、やはりそれなりの精神的な面や肉体的な側面での負荷は当然の事ですがかかってきます。

スキルアップも継続的におこなっていかないと、自分自身の市場価値も下がってしまいます。このような狭間の中で自分の体と心の限界値をいつまでも綺麗且つ、若々しくキープすることはなかなか難しいです。

昨今ゆとり世代と呼ばれる方々が多く、市場に出てきます。

彼らはスキルもビジネスセンスも十把一絡げです。かなり高いレベルの能力や力をもつ子もいれば全くといっていいほど、能力ややる気に満ち溢れていない存在もいます。このような世代と普段から机を並べて仕事をすることは、かなり難儀で手のかかることは間違いありません。

ゆとり世代を抱える私の同年代のサラリーマンも同じような愚痴や悩みを抱えているようです。

プログラミングの基礎的な学習を一緒におこなっていても、やはり、彼らから返ってくるレスポンスは大変乏しく、また、教えてもアウトプットに変換する能力が大変乏しいので、我々世代からすると大変な徒労感を感じることが多くなってしまいます。

しかし、会社としてコストをかけて採用した人材ですから、可能な限り頑張ってもらわないとペイしないというのもまた現実です。

このような中で、管理をしていきながら、同時にITエンジニアやWEBデザインのプロフェッショナルとして、仕事をすることは大変、精神的な苦痛感を感じることも多くなってしまいます。

彼らとの普段の交流の中で、可能な限り頑張ってもらうために話し合いの場所を設けたり、より快適な仕事環境を作っていくために努力をしてはいます。

夢を持って、自分自身が社会人となったように、彼らにも自分の夢を持って仕事に望んで頂きたいと思うのが上司である私の役目です。

普段からのこのようなお互いを尊重していきながら、仕事においてもプライベートな面においても彼らの手本や模範となれるような人間になることが私の目下の目標です。

大変な仕事である分、頑張っていけば、給料面などのインセンティブ要因も多くなってきますので、諦めずに頑張って貰えればいいことがあるとわかってもらうことが大変重要です。

私自身の将来の夢はITエンジニアやWEBデザインのプロフェッショナルとして、自分の好きな海の近くでリラックスした環境の中で落ち着いて自分らしい仕事を頑張って、ワークライフバランスを自分なりに構築できるように今、人生設計を考えています。

より素敵な自分でいるには普段からのこのような努力や継続性をもつことが大変重要なこととなります。

人手不足な業界で、普段からきちんとした知識やスキルを持てば長い時間、市場価値の高い人間として、重宝される業界ですから、自分自身、努力を継続してその姿を見せることが若手育成の観点からしても大切なことなのかなと痛感しています。

仕事に対するモチベーションアップの方法としてはやはり体力の維持が大変重要な業界でもありますので、その点を十分に考えると、普段からのスポーツジム通いやマラソンやランニングトレーニングを上手く生活の中に取り入れることで自分らしい無駄の少ない努力をすることを考えています。

仕事はお金も大切なモチベーションですが、長い、人生それだけではありません。

スキルや普段の交流を、自分らしい財産と考えることでより素敵な人生をもっと素敵なものとすることができます。

最近ではフリーランスとして、自分の好きな旅行や、お店をプロデュースする会社のWEBサイトの制作などもおこなっています。

このような自分の趣味と実益の双方を満たす仕事が自分でおこなっていけるのもこの仕事の大変おもしろい点です。

普段からのやりがいを確実に自分で意識しながら、より素敵なキャリアプランニングをしていけば、自分自身のライフスタイルも思いのままです。

より素晴らしい時間を自分で作っていくために、このような思い出つくりをする意識をもつことで、自分のもつスキルが多くのかたの役にたつのだということが実感できるのがITエンジニアやWEBデザイナーとして、サラリーマンでもフリーランスでも収入を得る考え方のコツです。

IT業界は常に人手不足でパンパンだけれども、自分の意識の持ち方でどのような働きかたも可能な業界です。