私が小さい子供を保育園に預けてまで働いた会社はまさかのブラック企業でした…

まだ6ヶ月になったばかりの小さい子供を保育園に預けるのは毎日後ろ髪をひかれる思いでしたが、生活のために働くことを決意し、なんとか面接に受かることもでき、パートとして飲食店で週4回(子供がいるので、日曜、祝日は休んでも良い。)10時から15時という形で働くことになりました。

それは面接をした上で決まったことでした。

その飲食店には当時15名ほどのメンバーがいました。

しかし、働き始めて1ヶ月を過ぎた頃から、他のパートや、社員が次々と辞めていきました。

中には、無断で休み、それから連絡が取れなくなった方もいらつしゃいました。

3ヶ月経つ頃には店長、社員3名、パート3名、学生2名になっていました。

もちろん、この飲食店には元となる親会社が存在します。

その親会社に所属しこの飲食店を担当している方も最初は手伝いに来ていたのですが、店長との馬が合わず、来るときは決まって店長が休みの日だけになっていきました。

その担当の方は、親会社の社長の息子でした。そのうちに担当の方が店長をクビにしてしまいました。

あとから聞くとやはり店長のことが嫌いだからという幼稚な理由でした。

上の権力を使ってそんな理由でクビにさせるとか考えられませんでした。

店長がいなくなった飲食店は、次に誰が店長業務をするのかという話し合いが社員の中で繰り広げられていました。

次に店長になったのは、まだ会社に入って1年ぐらい社員で年齢も20歳の子でした。

その子は確かに仕事はできるかもしれないですが、まだ店長という立場で働くには早すぎると自分でも拒否していました。

ですが、結局は断ることができず店長として働くことになりました。

私は、年齢が近いということで、その新しい店長とは、後輩先輩みたいに今までは接してきました。仲良くもしてきました。

社員の中で1番接しやすかった子でした。

だから、お互いに仕事のことやプライベートのこともたくさん話しました。

店長になったときにも心配だとか、店守れるかなとか、色々と相談を受けました。

しかし、私はパートなので話を聞くこととパートとしての立場での意見しか言えませんでした。

店長になるときに、社員で働いていた時よりも給料を増やすと言われたみたいです。

それに、休みも週1回は取るようにと指示も出てたみたいです。

しかし、現実は他の社員と同じ給料。

その上、人がいないため休みもなかなか取れずと悲惨な感じでした。

若い店長ということもあって、他の社員とかは店長のことをバカにするような態度で接し見てるこっち側もかわいそうに思えて、可能の限りシフトを入れるようにしていました。

あまりにもひどい状況だったので店長に親会社の担当の方と話し合いしてみたら?と提案しました。

しかし、何度話し合いの場を設けても、担当の方がその場に現れなかったみたいです。
担当の方と打開策の話し合いもできず、みんなにシフト協力を要請するしかありませんでした。

他の社員やパートも働くのが嫌になりそのうち社員やパートがまた辞めていきました。

その結果、最終的には店長、社員1人、パート2人、学生1人となってました。

これでは店長が休めないのは誰が見たってわかるとおもいます。

私も昼間は日曜以外は出て、祝日は親に子供を預けて、週に1回は夜番も出てと毎日バタバタとしていました。

これでは最初の契約と全く違います。

子供と接する時間もあまりない状況でした。

そこで、親会社に異例ではあるが、定休日を設けるように、店長と私で訴えました。

するとそれはあっさりと了承してくれてやっと店長も私も休めることができました。

あっさり認めてくれたことに不信感をいだきながらもよかったと2人で安堵しました。

しかし、定休日を設けても人が増えたわけではなかったので定休日と日曜以外は、昼間も夜も働いたりしていました。

そんなある日、もう店長が限界を迎えました。

担当の方もなんの対処もしてくれない、話し合いしたくても話す機会すら与えてくれない、そんな中で店長が店長をやめると言い出しました。

店長が定休日の日に本社に出向き、担当の方ではなくもっと上の方と話して辞めるといったそうです。

すると、全て話しが通じてなかったことがわかりました。

担当の方が社長に怒られるのが嫌だったのか何だったのかわからないですが、働いていた飲食店がそのような状況になっていたのを本社の方は全く何も知らなかったそうです。

定休日を設けたのも担当の方の考えがあるんだという捉え方だったそうです。

事の重大さがわかった本社が担当の方と店長を招集し話し合いを何度もしたそうです。

しかし、店長の意思は強く辞めることになりました。

すると、働いていた飲食店も次に店長をやれる人がいないからと閉店という話になりました。

私も店長と一緒に職を失うことになりました。

やめる手続きをしていると退職日の4日前に有給があることを知りました。

そこで本社に有給があるので、退職日をあと7日伸ばしてほしいと言いました。

すると、本社にそれはできませんと言われました。

違う店舗で1日でも、働いてくれれば有給つけると交換条件をつきつけられました。

意味がわからず、労基にも電話して聞きました。

本社の、考えはやはりおかしかったみたいです。

ですがもうこれ以上本社に対抗しても時間や労力が無駄だなと思い引き下がることにしました。

転職せざる負えない状況で、ネットや新聞の求人を見て、今は違う職場で働いてます。

働いていた飲食店よりも子供のことや私自身の体調のことを考えてくれる会社に今は務めることができてよかったと思っています。これからもがんばっていきます。